Top > 利尻ヘアカラートリートメント > 利尻ヘアカラートリートメントの使い方

利尻ヘアカラートリートメントの使い方

利尻ヘアカラートリートメントは、お風呂のときに使えてとても便利です。

シャンプーした髪の水分をふき取り、タオルドライした髪に塗布していくだけです。

まだ白髪が染まっていない最初のうちは10分くらいの放置が必要ですが、染まってくれば5分程度の放置時間でも色づくようになってきます。

時間がきたらお湯に色がつかなくなるまで洗い流してください。

もちろん、トリートメントなので後でシャンプーしたりする必要はないのです。

あとは、ドライヤーで乾かせば終了です。

うまく染めるポイントはというと、まず1つ目はたっぷり使うことです。

勿体無いと思うかもしれませんが、少量を何度もするよりも1回の量をしっかりと塗布する方が染まりが良くなります。

たっぷり使っても美容院で染めるよりもはるかに手価格なので安心してください。

2つ目は、満遍なく塗布したあとにコームでとかし、ラップを巻くとより効果アップです。

よく染めるには温めることが重要なので、ラップを巻いた上から温めたタオルを巻き、その上からシャワーキャップを巻くとさらに効果絶大です。

染める時は手で塗布しても、手についた色は洗えば落ちるのですが、爪の間に入りこんでしまうことがあります。

そんな時は、100円ショップなどでも売っているようなビニール手袋などを使うと手につかず染めることができます。